姓名判断:南山誠林のつぶやき
正しい姓名判断を解説しています。幸運を招く情報を提供します。
DATE: 2017/06/20(火)   CATEGORY: 未分類
姓名判断と漢字

◆姓名判断講座「買」に表れる、古代のお金事情

会意文字:「売る:旧字」「買う」共に「買」が入っている。「貸」「貨」「費」なども。これは、かつて買が通貨として使われていたからだ。子安買などタカラガイ科の巻貝で、熱帯地方に生息。「四」は網を描いている。上から網をかぶせて集めるようにものを手に入れること。「売」は「出」+「買」。手に入れたものを出す意味。「貧」はお金が分かれていくこと。

◆苗字には、買場:23945番目の苗字:全国に40件(30000番までの中で一つ)だけで珍しい苗字です。ちなみに、ほとんどの苗字は、土地の名前が由来です。田、山、川、森、林、水、岡・・・そして、方向、東西南北、上下、中、・・・草木や縁起の名前、花、松、高、大、吉、福・・・が土地名に使われたのが、そこに住み着いた一族が苗字として使いました。それ以外、藤原氏由来、佐藤、加藤、伊藤、齋藤、遠藤・・・熊野信仰由来の鈴木、官職由来の別当などがあります。

◆姓名判断では、漢和辞典と同じ「12画」である。

*明治時代に筆字からペン字の画数に替えられた時に一部略され、戦後当用漢字で大幅に略されたが、江戸時代以前2年近く使われてきた、「旧字」「筆字の画数」「部首は本来の字」(例:さんずい:水4画、こざと:阜8画、おおざと:邑7画、部首草冠6画・部首でない草冠++4画など)することで正しい姓名判断をすることが出来ます。(多くの書籍やサイトでは、正しい画数算定がされていないのが残念です。)

◆ご質問のある方は、「南山誠林オフィシャルサイト:お問い合わせ欄http://nanzanseirin.com/」よりご連絡ください。お気軽にどうぞ!

◆「無料診断サイトhttp://seimeihandan.jp/」(毎日1000名の方が検索中)もお楽しみください。




スポンサーサイト
DATE: 2017/06/13(火)   CATEGORY: 未分類
姓名判断と漢字
◆姓名判断講座省」に描かれているのは、目は?

・形声文字:「省」は、①「反省」「自省」など「省みる」②「省略」では「はぶく」意。③「帰省」では「もどる」「訪ねる」の意。④「省庁」では役所。の4つに使われている。本来の意は「草木のまだ芽が出たばかりの細かいものや、眉までで目に届かないかすかなものまで見ることで、細かく調べる意味となる。また、別には、「少」は「小さく、細くする」で「目」は、「目を細めて見ないと良く見えない」から転じたという説もある。

◆人名読み:「しょう」「せい」の他に、「み」「かみ」「みる」「よし」「あきら」

◆苗字には、使われていません(30000番までの中には見つかりませんでした)苗字としては、プラスの意味がないので、使われないと推測されます。ほとんどの苗字は、土地の名前が由来です。田、山、川、森、林、水、岡・・・そして、方向、東西南北、上下、中、・・・草木や縁起の名前、花、松、高、大、吉、福・・・が土地名に使われたのが、そこに住み着いた一族が苗字として使いました。それ以外、藤原氏由来、佐藤、加藤、伊藤、齋藤、遠藤・・・熊野信仰由来の鈴木などがあります。

◆姓名判断では、漢和辞典と同じ「9画」である。

*明治時代に筆字からペン字の画数に替えられた時に一部略され、戦後当用漢字で大幅に略されたが、江戸時代以前2年近く使われてきた、「旧字」「筆字の画数」「部首は本来の字」(例:さんずい:水4画、こざと:阜8画、おおざと:邑7画、部首草冠6画・部首でない草冠++4画など)することで正しい姓名判断をすることが出来ます。(多くの書籍やサイトでは、正しい画数算定がされていないのが残念です。)

◆ご質問のある方は、「南山誠林オフィシャルサイト:お問い合わせ欄http://nanzanseirin.com/」よりご連絡ください。お気軽にどうぞ!

◆「無料診断サイトhttp://seimeihandan.jp/」(毎日1000名の方が検索中)もお楽しみください。




DATE: 2017/06/05(月)   CATEGORY: 未分類
姓名判断と漢字

◆姓名判断講座「仁」に込められた、儒教のメッセージ

・会意文字:「人」と「二」からなり、二人の人間が互いに親しみあう意。自分ひとりでなく、相手がある生活には、親しみ合い、愛し合う心が第一であり、時には社会のルールに従って、自分を抑えることも必要となる。そこから、「仁」は、愛することとか、己に克ち礼にかえるとかの意味になる。儒教では「仁」を最も重要な徳目。身近な人間を愛することから始めてその感情を他にも広げていくのが人の道。

◆人名読み:「と」「み」「きみ」「きむ」「さと」「さね」「とよ」「のり」「ひと」「まさ」「よし」「しのぶ」「ただし」「ひさし」「ひとし」「ひろし」「まさし」「めぐむ」「やすし」

◆苗字には、「仁井:4594番目の姓:全国に571件:」「仁井田:5010番目:501件」」「仁尾:6270番目:359件」「仁部:7914番目の姓;254件」「仁保:9472番目:191件」。1万番目以降で、「仁宮」「仁瓶」「仁野」「仁枝」と続き、少ない姓では、「仁岸:27443番目:全国に31件」がある。

◆姓名判断では、漢和辞典と同じ「4画」である。

*明治時代に筆字からペン字の画数に替えられた時に一部略され、戦後当用漢字で大幅に略されたが、江戸時代以前2年近く使われてきた、「旧字」「筆字の画数」「部首は本来の字」(例:さんずい:水4画、こざと:阜8画、おおざと:邑7画、部首草冠6画・部首でない草冠++4画など)することで正しい姓名判断をすることが出来ます。(多くの書籍やサイトでは、正しい画数算定がされていないのが残念です。)

◆ご質問のある方は、「南山誠林オフィシャルサイト:お問い合わせ欄http://nanzanseirin.com/」よりご連絡ください。お気軽にどうぞ!

◆「無料診断サイトhttp://seimeihandan.jp/」(毎日1000名の方が検索中)もお楽しみください。




DATE: 2017/05/29(月)   CATEGORY: 未分類
姓名判断と漢字
◆姓名判断講座 「静」という字になぜ争の字が付くのか

形声文字:「青」が形を表わし、「争」が音を示す。「青」は、井戸の中の澄んだ水の色。「清」「晴」など澄み切ったものが多い。「争」は「爪」と「手」を合わせた字で、両側から何かを操作するため手に力を入れる意味がある。色とりどりに細かく手を尽くして、良い絵になることをいう。人も細かく気を配れば、乱れない。その状態をも静という。を取り合う様。争いの後の静けさである.

◆人名読み:「きよ」「ちか」「つぐ」「ひで」「やす」「よし」「やすし」

◆苗字には、「静:5814番目の姓;404件」「静間:7271番目:291件」。1万番目以降で、「静谷」「静野」「静川」「静井」と続き、静岡県名と同じ、「静岡:21091番目:全国に50件」ある。

◆姓名判断では、漢和辞典とは違い、旧字の「靜:16画」である。

*明治時代に筆字からペン字の画数に替えられた時に一部略され、戦後当用漢字で大幅に略されたが、江戸時代以前2年近く使われてきた、「旧字」「筆字の画数」「部首は本来の字」(例:さんずい:水4画、こざと:阜8画、おおざと:邑7画、部首草冠6画・部首でない草冠++4画など)することで正しい姓名判断をすることが出来ます。(多くの書籍やサイトでは、正しい画数算定がされていないのが残念です。)

◆ご質問のある方は、「南山誠林オフィシャルサイト:お問い合わせ欄http://nanzanseirin.com/」よりご連絡ください。お気軽にどうぞ!

◆「無料診断サイトhttp://seimeihandan.jp/」(毎日1000名の方が検索中)もお楽しみください。




DATE: 2017/05/25(木)   CATEGORY: 未分類
姓名判断と漢字

◆姓名判断講座「武」には平和への願いが込められている

・「武」は「ほこ」を「止める(おさめる)」の意。乱暴を抑え、武器を収め、国の強さを維持し、勝利を確定し、人民を安んじ、大衆を和やかにさせ、衣食に不自由にさせない。一説には、「止」は「足」のことで、武器を持って一歩踏み出すという逆の意味も伝えられている。

◆人名読み:「いさ」「たつ」「ふか」「いさむ」「たける」「たけ」

◆苗字には、「武田:80番目の姓:48747件」「武藤:244番目:20952件」「武井:432番目:11209件」「武内:578番目:8122件」「武山:1461」「武市:1786」」「武本:1846」「武村:1907」「武部:2020」「武:2312」以下、「武下」「武貞」「武谷」「武末」「武中」「武尾」「武雄」「武宮」「武岡」など大変多くの苗字の字として使われている。武士の拡がりとともに増えたと考えられる。

◆姓名判断では、漢和辞典どおり「8画」である。

*明治時代に筆字からペン字の画数に替えられた時に一部略され、戦後当用漢字で大幅に略されたが、江戸時代以前2年近く使われてきた、「旧字」「筆字の画数」「部首は本来の字」(例:さんずい:水4画、こざと:阜8画、おおざと:邑7画、部首草冠6画・部首でない草冠++4画など)することで正しい姓名判断をすることが出来ます。(多くの書籍やサイトでは、正しい画数算定がされていないのが残念です。)

◆ご質問のある方は、「南山誠林オフィシャルサイト:お問い合わせ欄http://nanzanseirin.com/」よりご連絡ください。お気軽にどうぞ!

◆「無料診断サイトhttp://seimeihandan.jp/」(毎日1000名の方が検索中)もお楽しみください。




Copyright © 姓名判断:南山誠林のつぶやき. all rights reserved.